「みどりの力」 国際森林年記念グリーンウェイブ2011~みどりの力~開催

(社)国土緑化推進機構、(株)朝日新聞社、(財)森林文化協会が、5月29日(日)にグリーンウェイブ2011~みどりの力~をこどもの国・皇太子記念館において開催し、親子約100名が参加しました。

冒頭、粕谷卓志森林文化協会理事長( 兼朝日新聞東京本社代表)による開会挨拶、谷福丸国土緑化推進機構副理事長による主催者挨拶が行われました。

続いて、来賓の皆川芳嗣林野庁長官が「日本の各地にある森を親子で歩いて頂きたい。そのことを通じ、森の大切さや木を使うことの重要性を感じて頂きたい。」と挨拶されました。

その後、タレントの清水国明の講演が行われ、「森林を伐採し、そして植えるというサイクル取り戻していきたい。私が経営するNPO法人河口湖自然楽校に遊びに来て、ぜひ木を植えて欲しい。」と呼びかけました。

最後にケロポンズ( スーパーデュオ) によるコンサートが行われました。また、参加者には、お土産としてスダジイの苗木がプレゼントされました。