「あいち・なごやESD交流フェスタ」に出展しました

ESD(持続可能な開発のための教育)とは、環境、貧困、人権、平和、開発といった様々な課題を自らの問題として取り組むことによって、持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動のことです。ESDユネスコ世界会議の併催イベントとして、10月10~12日に名古屋国際会議場西側駐車場で「あいち・なごやESD交流フェスタ」が開催されました。約40のESDに関連する企業・NPO・自治体等が出展する中、生物多様性と子どもの森キャンペーン実行委員会も、国土緑化推進機構と共にブース出展しました。

行事概要

日時

平成26年11月10日(月)~12日(水)10:00~19:00

場所

「名古屋国際会議場」西側駐車場(愛知県名古屋市)

主催

ESDユネスコ世界会議あいち・なごや支援実行委員会

WEBサイト

あいち・なごやESD交流フェスタ

http://www.nhk-pn.jp/chubu/esd-event/index.html

 

ブースでは、ESDのツールとしても利用できる「森のめぐみ」、「一本の木の物語」、「一本の木の物語2」、を中心とした資料を来場者に配布しながら、グリーンウェイブについて普及啓発を行いました。
また、国際会議の併催イベントとして、海外からの来場者も多いため、英語版のグリーンウェイブ資料の配布も行い、日本で行っている取り組みをPRしました。

出展ブース
出展ブース