「「グリーンウェイブ」キックオフフォーラム2015」及び「「グリーンウェイブ」意見交換会」を開催しました。

2015年は「国連生物多様性の10年」の折り返しの年でもあり、「国連生物多様性の10年」の後半がスタートする2016年に向けて、UNDB-Jでは関係者が集い、これまでの成果と課題を共有し、2020年に向けて今後の取組について考えることを目的とした「中間年フォーラム」が開催されました。

 「生物多様性と子どもの森」キャンペーンでは、同フォーラムと連動して、幅広い関係団体に「グリーンウェイブ」への参加を呼び掛けるとともに、これまで「グリーンウェイブ」を取り組んできた多様な団体が一堂に会して、「グリーンウェイブ」のこれまでの成果と課題を共有し、2020年に向けて今後の取組について考えるため、中間年フォーラムの第2部として、「「グリーンウェイブ」キックオフ・フォーラム2015」を開催し、3月から始まる「グリーンウェイブ2015」に向け、各セクター先進事例紹介を行いました。
また、翌日には「グリーンウェイブ意見交換会」を開催し、各セクターによるグリーンウェイブの取組の成果や課題を共有した上で、各実施団体による取組の充実に支援措置や全国的な方向付けのあり方について整理しました。

「グリーンウェイブ」キックオフフォーラム2015

行事概要

行事 

 「グリーンウェイブ」キックオフフォーラム2015

日時

平成27年2月20日(金)13:00~17:30

 ※「国連生物多様性の10年」中間年キックオフフォーラム 第2部として開催

場所

 「経団連会館」経団連ホール(東京都千代田区)

主催

環境省、「生物多様性と子どもの森」キャンペーン実行委員会

 ※「国連生物多様性の10年」中間年キックオフフォーラム

 

=プログラム=

◆挨拶:
 生物多様性と子どもの森キャンペーン実行委員会・国土緑化推進機構
◆「グリーンウェイブ2015」実施要領等紹介:
 環境省
◆事例報告
 事例①:行政(実施主体を拡げる)
 「カシニワ・フェスタ2015~多様な主体との連携で行う「グリーンウェイブ」」
  カシニワ・フェスタ実行委員会事務局 細江 まゆみ氏
   ※「生物多様性アクション大賞」審査委員賞受賞
 事例②:企業(組織内で拡げる)
 「社員のアクションを生み出す「グリーンウェイブ」」
  積水化成品工業株式会社 柳瀬 公明氏
 事例③:NPO(メディアを通して社会に拡げる)
 「「グリーンウェイブ」を活かしたメデイアへのPR」
  NPO法人子どもの森づくりネットワーク 清水 英二氏
   ※「生物多様性アクション大賞」グリーンウェイブ特別賞受賞
◆情報提供(気づき・学びを深める)
「「グリーンウェイブ」のサポートコンテンツ紹介」
 生物多様性と子どもの森キャンペーン実行委員会 柳原 高文氏


「グリーンウェイブ」意見交換会

行事概要

行事

「グリーンウェイブ」意見交換会

日時

平成27年2月21日(土) 9:30~12:30

場所

「BumB東京スポーツ文化館」マルチホール(東京都江東区)        

主催

「生物多様性と子どもの森」キャンペーン実行委員会


=プログラム=

意見交換会の進め方、キックオフフォーラムのふりかえり:

 コーディネーター 木俣 知大氏
事例報告・質疑応答:
 事例④ 「海外の子どもたちとつながる「グリーンウェイブ」」 

  公益財団法人オイスカ 高田 絵美氏

 事例⑤ 「こどもエコクラブ、プロジェクトDの活動と連携した「グリーンウェイブ」」

  公益財団法人日本環境協会 大西 亮真氏

 事例⑥ 「森林インストラクターが伝える「グリーンウェイブ」」 

  一般社団法人日本森林インストラクター協会 寺嶋 嘉春氏

ワークショップ:
 ・各団体の取組への連携アイデア検討
 ・各セクターへのグリーンウェイブ提案のアイデア検討