国連生物多様性の10年『「グリーンウェイブ2016」キックオフ・フォーラム』~全国とつながる、世界とつながる、「グリーンウェイブ」~参加者募集

日程 28年3月1日(火) 13:1514:45  [受付:13:00~]
場所 国連大学「ウ・タント国際会議場」 (東京都渋谷区神宮前5-53-70)
交通 東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅 B2出口より、徒歩約5分
JR各線、東急線、京王井の頭線、東京メトロ各線「渋谷」駅より、徒歩約10分
参加対象 生物多様性保全、森づくり、緑化、環境教育等にご関心のある方 300名
参加費 無料
主催 「生物多様性と子どもの森」キャンペーン実行委員会
(公社)国土緑化推進機構美しい森林づくり全国推進会議

生物多様性条約事務局が、5月22日「国際生物多様性の日」を中心に生物多様性保全のための行動を呼びかける、世界共通のキャンペーンである「グリーンウェイブ」。我が国では、環境省・農林水産省・国土交通省により、3月1日6月15日の期間で呼びかけられており、年々活動の拡がりをみせています。

特に、2016年は、我が国が世界に提唱した「国連生物多様性の10年」の後半が幕開けする年であるとともに、同年12月に開催される「生物多様性条約第13回締約国会議(COP13)」では、一次産業における生物多様性の主流化が主要テーマとして議論される中では、「グリーンウェイブ」においても我が国が世界にリーダーシップを発揮した取組を展開することが期待されます。

そこで、今年のキックオフ・フォーラムでは、行政・企業・NPO等による「グリーンウェイブ」の特色ある取組事例を参考に、COP13に世界に発信する活動のあり方について議論しますので、多くの皆さまのご参加を、お待ちしています。

※ 本行事終了後には、『地方創生・CSV時代の「企業の森づくり」フォーラム』も開催します。

内容・スケジュール(一部予定) 13:15~14:45

開会挨拶 「生物多様性と子どもの森」キャンペーン実行委員会
概要報告 「グリーンウェイブ2016」及び 「国連生物多様性の10年」をめぐる最近の話題 環境省 自然環境局 生物多様性施策推進室
事例紹介
  1. [行政事例]県内施設や学校・団体等と連携した「いしかわグリーンウェイブ」 石川県
  2. [企業事例]積水化成品グループで行う「グリーンウェイブ」
    積水化成品工業(株)
  3. [NPO事例]メディア等への訴求力を高めるグリーンウェイブ
    (NPO)子どもの森づくり推進ネットワーク
パネル
ディスカッション

身近で気軽にできる、“グリーンウェイブ”の進め方

ナビゲーター:川廷 昌弘「生物多様性と子どもの森」キャンペーン実行委員会
パネリスト:石川県、(株)積水化成品工業、(NPO)子どもの森づくり推進ネットワーク

同時開催:『地方創生・CSV時代の「企業の森づくり」フォーラム』15:00~

開会・挨拶
15:00
  • 司会:ミス日本みどりの女神
  • 主催者挨拶:美しい森林づくり全国推進会議
  • 来賓挨拶:林野庁
基調報告
15:10~16:05
  1. 地方創生・CSV時代の新たな森づくり・木づかい
    赤池 学CSV開発機構 理事長、ユニバーサルデザイン総合研究所 所長
  2. ISO14001:2015における生物多様性の考え方と必要な企業の対応
    中井 邦治経団連自然保護協議会 事務局次長
  3. グローバル人材育成に向かう教育政策と森林ESD
    山下 宏文京都教育大学 教授、森林ESD研究会 座長
事例報告
16:05~16:25
  1. 地方創生時代の企業協働の森づくり~学校での木づかいと森のようちえん~ 美濃加茂市
  2. 中間支援組織がつなぐ、企業支援による学校の森づくり・木づかい もりふれ倶楽部
パネル
ディスカッション
16:25~17:25

地方創生・CSV時代の企業の森づくり・人づくり・木づかい
進行:宮林 茂幸美しい森林づくり全国推進会議 事務局長

閉会挨拶
17:25
国土緑化推進機構

お申込み

以下のフォームに必要事項をご記入の上送信してください。