エコプロ2016 「森林からはじまるエコライフ展2016」に出展しました

今回から展示会名を「エコプロダクツ」から「エコプロ~環境とエネルギーの未来展」に改称しましたエコプロ2016は、アジアを代表する環境・エネルギー の総合展示会です。この中で、地球環境保全とともに地方創生に向けた「森づくり」「木づかい」を紹介するテーマゾーンとして「森林からはじまるエコライフ展2016」(主催:美しい森林づくり全国推進会議、国土緑化推進機構)が行われています。「生物多様性と子どもの森」キャンペーン実行委員会(森林レクリエーション協会、オイスカ、子どもの森づくり推進ネットワーク、日本森林インストラクター協会)もブース出展しました。
各団体によるブース展示や各ブースをまわるクイズラリーのほか、ワークショップとして、森のつみ木広場、まゆ人形づくり、葉脈標本づくり、木の実のせっけんあそび、どんぐりえがおダンスなどを行いました。

行事概要

日時

平成28年12月8日(木)~10日(土)10:00~18:00(土曜日は17:00)

場所

「東京ビッグサイト」東ホール(東京都江東区)

主催

一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社

WEBサイト

エコプロ2016 環境と未来のエネルギー展

http://eco-pro.com/2016/

「生物多様性と子どもの森」キャンペーンブース

各団体の展示ブースでは、来場者に森林や生物多様性について考えるきっかけとなる展示や資料の配布を行いました。多くの方に展示を見てもらえるよう、各ブースをまわると答えがわかるクイズラリーも実施し、ブースは多くの人たちでにぎわいました。
ワークショップでは、木の実や葉っぱなどに直接触れることで、自然や木と親しんでもらうことを目的として、体験を通じて来場者と交流を図りながら活動をPRしました。

大人も子供も熱心に、ワークショップに参加してくださっている姿が印象的でした。
また、グリーンウェイブの取組を進めるために、キャンペーン実行委員会としてグリーンウェイブのパンフレットを配布しながら、企業や自治体等にグリーンウェイブへの参加を呼びかけました。

ワークショップ:葉脈標本づくり
ワークショップ:葉脈標本づくり
ワークショップ:まゆ人形づくり
ワークショップ:まゆ人形づくり
ワークショップ:木の実のせっけん遊び
ワークショップ:木の実のせっけん遊び
ワークショップ:どんぐりえがおダンス
ワークショップ:どんぐりえがおダンス