エコプロダクツ2011に出展しました

12月15日(木)~17日(土)東京ビッグサイトで開催された「エコプロダクツ2011」に出展しました。
「生物多様性と子どもの森」キャンペーンの取り組みや、子ども向け教材、国連が提唱している「グリーンウェイブキャンペーン」などを紹介しました。
ブース内では様々な子ども向けの森や自然と楽しむワークショップが開催やステージでは国連生物多様性条約事務局のジョグラフ事務局長をお迎えしたトークショーも実施しました。

【場 所】:東京ビッグサイト東展示棟
【日 時】:2011年12月15日(木)、16日(金)、17日(土)10時~18時(最終日は17時)
【ブース】:F-34

ブースプログラム(12月15日~17日)

ブース内では「「自然の恵み」とともにある暮らしを楽しみ、感謝できる大人に育っていってほしい」というキャンペーンの主旨に沿った子どもたちへの啓発普及・環境教育として子どもを対象とした様々な体験プログラムを実施しました。

 

【場 所】:「生物多様性と子どもの森」キャンペーンブース(F-34

 

トークショー (12月16日(金) 11:00~11:45)

~国連生物多様性の10年&国際森林年~
森と木を活かした日本の暮らし「東北復興グリーンウェイブ」

【日 時】:2011年12月16日(金) 11:00~11:45(45分間)
【場 所】:環境コミュニケーションステージ
【登壇者】
  川廷 昌弘(国連生物多様性の10年日本委員会委員、CEPAジャパン代表、)
  大塚玲奈(エコトワザ 代表、フォレスト・サポーターズ)
  清水 英二(子どもの森づくり推進ネットワーク代表)
【特別メッセージ】「東北復興グリーンウェイブ&グリーン復興への期待(仮)」
 (講演者)アハメッド・ジョグラフ(生物多様性条約事務局長)


【主 催】:「生物多様性と子どもの森」キャンペーン実行委員会
【共 催】:公益社団法人国土緑化推進機構、公益財団法人オイスカ
【特別協力】:国際森林年国内委員会事務局
【協 力】:生物多様性条 約事務局、一般社団法人CEPAジャパン、特定非営利活動法人子どもの森づくり推進ネットワー ク、株式会社エコトザワ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>> 詳しくはこちら

エコキッズ表彰式 (12月17日(土)13:30~)

全国小学生環境学習コンテスト eco kids 2011の表彰式を開催します。
本年は、「森づくり」や「生物多様性の保全や再生」の子どもたちの取り組みのグッドプラクティスを収集・共有するために、「エコキッズ2011」に「国際森林年」「生物多様性の10年」を記念した特別賞を設置しました。

【日 時】:2011年12月17日(土)13:30~

【場 所】:『緑のgoo』ブース 1-066

※上記3件のイベントは独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて実施しました。