「グリーンウェイブ2012 出前教室」募集のお知らせ

実行委員会が開発した子ども向け教材「森のめぐり・グリーンウェイブ」、指導者向け手引き「グリーンウェイブガイドブック」を活用したプログラムの実施を支援する「グリーンウェイブ2012 出前教室」を希望する団体を公募します。

「出前教室」では、「グリーンウェイブ2012」の開催期間(3月1日~6月15日)、子どもたちによる植樹等の活動を行う団体・グループに対して、①講師・ アドバイザーの派遣、②苗木の寄贈、③教材と手引きを提供し、子どもたちに生物多様性の観点からの気づきや学びを深める活動のサポートをします。

募集概要をご覧の上、ぜひ応募してください。募集概要と申込書は以下のPDFファイルでもご覧になれます。

【子どもの森】出前教室公募要項.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 240.1 KB

「出前教室」に関するお問い合わせ・お申込み先
「生物多様性と子どもの森」キャンペーン実行委員会 「出前教室プロジェクト」運営事務局
全国森林インストラクター会(担当:鳥海)
〒112-0004 東京都文京区後楽1-7-12 林友ビル6階
TEL・FAX:03-5684-3890、E-mail:jim@shinrin-instructor.org

募集概要

【派遣条件】 以下の条件に当てはまることを条件とします。

  1. 「グリーンウェイブ2012」の開催期間(3月1日〜6月15日)に、概ね20名以上の子どもたちによる植樹等の活動が実施されること
  2. 活動を「グリーンウェイブ2012」に登録していること
  3. 活動の実施体制(活動場所の確保、通常の指導者・補助員の確保、資機材の確保、参加者の募集、安全の確保[保険加入]等)が確立されていること
  4. 出前教室の目的(子どもたちが生物多様性に親しみ、興味・関心を抱き、理解を深め、次なる行動を呼びかけること)に沿って、教材・手引きを活用した活動が実施できること
  5. 政治、宗教及び営利を目的としない活動であること

【派遣回数】

  1. 講師等派遣は、原則として事前下見及び活動当日のみの派遣とします。(必然性・モデル性が高い場合は、事前・事後学習にも派遣する場合もあります)
  2. 原則として、1団体1回1名(参加者が多い場合は上限2名)とします。(全国的な観点からモデル性がある場合はこの限りではありません)

【経費負担】

講師等派遣の謝金・交通費、苗木代は、実行委員会等が負担します。(注1、2)
また、教材・手引きも、無償で提供します。

(注1)希望内容に応じて(主に「苗木の寄贈」)、実行委員会の連携団体の支援事業「社団法人日本植木協会(緑育出前授業・記念樹等贈呈事業)」、「一般財団法人セブン-イレブン記念財団(グリーンウェイブ苗木提供)」による支援となる場合もあります。
(注2)一定額以上の参加費を徴収していたり、他の委託費・助成金が支出されている行事の場合は、派遣講師等の謝金・交通費は、自己負担となる場合があります。

【支援箇所】

全国で20箇所(申し込みに達し次第、締め切ります。募集状況については本ページでご確認下さい。)

【 講師等 】

派遣講師等は、出前教室の目的を実現できる、以下の資格等を有する者となります。

  1.  森林インストラクター((社)全国森林レクリエーション協会認定資格)
  2.  ビオトープ管理士((公財)日本生態系協会認定資格)
  3.  (社)日本植木協会会員

【申込方法】

申込者は、原則として開催希望日の20日前までに「出前教室申込書(様式1)」に必要事項をご記入いただき、E-mailにてお申込み下さい。(E-mailでの送付が難しい場合は、ご相談下さい。)

【手続方法】

  1.  「申込書の受理」を確認した段階で、申込者に「受理確認」の通知をします。
  2.  申込書の内容に不備や不明瞭な内容等がある場合は、事務局から照会します。
  3. 派遣条件を満たしており、支援の希望内容が適正と確認された場合、事務局が講師・アドバイザー等及び苗木の寄贈者を選定し、申込者に「決定通知」します。(申込書の受理後、概ね10日以内。但し、(2).が遅れた場合、この限りではない)
  4. 「講師等派遣」及び「苗木の寄贈」については、申込者から(3).の「決定通知」に記載の連絡先に、正式な依頼等を行なって下さい。
  5. 「教材、手引き」は、事務局から申込者に発送いたします。
  6. (4).および(5).により、申込書に記載の活動を実施し、かつ記録して下さい。
  7. 活動が終了したら、2週間以内に「報告書」(様式は「決定通知」に記載)を提出して下さい。

【 参 考 】 出前教室で使用する教材と手引きは、こちらをご覧下さい。